<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

村上さん、28歳のお誕生日おめでとう!昨年は、あなたの頑張りのおかげでとっても良い年末でした。SHINGO!コール、やりきったよ(笑)。


私の愛しい丸山さんからのお誕生日メッセージを読んでいて、あやうく嫉妬しそうになるほど、マルちゃんにとってのヒナって大きな存在なんだなということが伺えました。


個性派揃いのメンバーをうま~くまとめて、もっともっと上を目指してください。



。。。って。真面目にメッセージ書いちゃったよ。



さて。我が家の奇人変人さん(夫)は村上さんのお誕生日と一日違いの25日生まれ。最近、ヒナと夫の誕生日がごちゃごちゃになってしまってる、こんな私ですみません。
[PR]
by rei8s-cool8b | 2010-01-28 20:07 | 関ジャニ∞ | Trackback | Comments(0)

初参戦後の…

気になってる方がいらっしゃるかもしれないので(いやっ、いないか?)、一応ご報告。

年末のコンサートが初の生エイトだった妹の感想ですが…「まあまあ楽しかったよ」ですって。←これ、かなり褒めてるのではないかと思われます、妹的には。

日頃から高飛車な態度&発言なもので、腕組みでもしながら見るんじゃないかと内心ヒヤヒヤだったんですよ、実は(苦笑)。←EXILEのときがそんな感じだったし(汗)。


ところが、始まってみると結構テンション高いやないかーいっ!シングル曲とか踊ってるやないかーいっ!

埋もれ席だったもののトロッコ通路横の席だったので、スタッフさんの動きをいち早く察知しては「姉ちゃんトロッコ来るよー!誰?誰?あー!またマルちゃん反対に行ったー!」と、むしろ私よりもはしゃいでるし(笑)。


あとで聞いたら、一番テンション上がったのは、♪ズッコケ男道 だったそうです。←カラオケでよく歌ってるらしい。


で、二番目はBabunマン。。。やっぱりね(笑)。何気に村上贔屓だと気づいてはいましたが、村上さんが歌えば「頑張れっ!」と声をかけ、トロッコで横を通れば「バブーン、バブーン」と声援を送る妹。


今回、メインステージが多用されていたため肉眼でメンバーを見分けるのは厳しく、席が遠かったことが多少不満のようでした。と言っても、ドームなんだし良い方だと思いますが。


それに、ヨコ、ヒナ、章ちゃん、亮ちゃんはトロッコで通ったときに至近距離で見てるんですよ。でも、「マルちゃんを近くで見たかった」んですって。そりゃあ、私だって見たかったさー!でも、贅沢言い過ぎなんじゃ。


しまいには「ほら、わたし最近さー、マイケルジャクソンばかり見てたから。マイケルと比べるとエイトはちょっと物足りないかな」とまで言いだしやがった。

比べる対象がキング・オブ・ポップって…


そんな妹。次回コンサートに誘ったら「えっ!?一緒に行ってあげてもいいけどー」と、めっちゃ上から言うに一万点!
[PR]
by rei8s-cool8b | 2010-01-24 00:22 | 関ジャニ∞ | Comments(8)

♪遠く遠く離れていても

今日、テレビでマッキーの曲を聴いてたら、なんか最近ずっと気になっていたある想いとリンクしてしまいました。


昨年末、幼なじみの身内にご不幸があり。。。気落ちしているだろう彼女を心配した同級生から電話をもらったりしました。


なにかチカラになれることがあれば、私でできることであれば…と思うものの、日々の生活に追われてしまっていたときでした。


電話をくれたのは、中学を卒業後、夢に向かってまだ15歳という若さで上京しプロの世界で成功した人なんですが。


特殊な世界だけにちょっと浮世離れしたとこもある人だけど、同級生のために「なにかチカラになりたい」という想いがすごく伝わってきました。これだけ親身になれるって、彼の人柄なんだろうな…


その懐の深さに触れ「私はまだまだだな」と反省するとともに、子どもの頃から知ってる同級生っていいもんだなとも思いました。



つい最近も。くっだらないメールで様子伺いしてくれる同級生もいましたな、そういえば(笑)。
[PR]
by rei8s-cool8b | 2010-01-23 21:21 | 日常 | Comments(0)
3日目。ホテルで朝食。ビュッフェ形式ですが、オムレツやワッフルなどはシェフが目の前で焼いてくれます。私はオムレツをオーダー。ふわっふわで美味でした。


品数的にはそこまで多くはないのですが、どの料理もとっても美味しい。しかも、料理の補充も早い!ビュッフェにありがちな、お皿に盛られた料理が「これでもかっ!」ってくらいねこそぎ取られて、「なんも食べるものがな~い」なんて状態がないのです(昨日のホテルは結構そうでした。妹は「卵料理の補充はまだですか?」ってホテルのスタッフに言ってましたもん)。


さすがに昨日のモントレの倍以上のお値段はしますが、朝食にも大満足して部屋にもどりチェックアウトまでまったり。。。するつもりでしたが、私は職場へのお土産を物色するためひとりで阪神百貨店へ。今回、結構利用したな~、阪神。


開店すぐに行ったのですが、地下の食品売り場はとんでもない人出。そう、忘れていましたがその日は大晦日。人混み大嫌いな私は、早々に切り上げました。結局、買ったのは京都のものでした(笑)。そうそう。私も以前並んで買ったことがある、例の亮ちゃんの「バームクーヘンの角が!」のお店はいまも行列ができているんですね。たしかに、あのバラ売りのバームクーヘンは美味しい。そして、今回それ以上に行列ができていたお店がありましたが、あれは多分ラスクのお店だったように思います。


そういえば。外出の際、エレベーターを待っていたら上の階から降りてきたそのエレベーターにはホテルの従業員らしきシェフの格好をした30代くらいの男性がひとり乗ってまして。私が乗り込もうとすると「お待たせいたしました」と声をかけ、さっとドアを押えてくれました。エレベーターの中でふたりだけなんて気まずいよな~なんて思っていると、「今年も本日一日を残すだけとなりましたね」と笑顔で話しかけられ、「年々一年経つのが早く感じますよね~」なんて世間話してるうちにロビーへ到着。最後はお互いに「よいお年を」と言って別れました。


何気ないようですが、ホテルの全従業員に教育が行き届いているんだなと感じました。そのあと、ヒルトンホテル内をうろうろしたときに、エスカレーターで同じくシェフの格好した人とすれ違ったのですが、会釈さえなしでした。前回の大阪でヒルトンに泊まったときは、それでも接客面では良いホテルだと思いましたが、リッツとは格段の差があるんですね~。なにごとも経験しないとわからないものです。


そういえば、昨日チェックイン時間前に部屋に案内されたので、廊下で清掃スタッフとも何度かすれ違ったのですが、みなさん必ず作業の手を止めてキチンとおじぎして満面の笑顔で「こんにちは」と挨拶されました。本当に、どのセクションのどの従業員にも徹底した教育がなされているんでしょうね。


このクラスのホテルとしては、チェックアウトが11時とちょっと早い時間なのが少し不満ではありましたが、チェックアウトの際も事務的ではなく、必ずひと声かけられるんですよね。「ごゆっくりお寛ぎいただけましたでしょうか?」「このあとは、どちらかお出かけですか?」「大阪へはお仕事でいらっしゃいましたか?」などなど。


チェックアウト後、荷物を預かってもらったのですが、その時の対応にも感心。預けた紙袋の中に保冷用の袋があるのをすばやく見つけ「こちらは冷蔵庫で保管いたしましょうか?」と、こちらからお願いする前にむこうから言ってくれます。とにかく、気が利くのです。元ホテル勤務で毒舌の妹でさえも、「さすが」としか言ってなかったですもの。


さて。それほどまでに大満足だったリッツカールトン大阪でしたが。。。最後の最後に、唯一不満に残こることがチェックアウト後に起こりました。


昼食は帝国ホテル内の「久兵衛」にしようなどと言っていた妹(お金を出すのは私なのをいいことに)。しかし、帰りの飛行機の時間を考えると梅田近辺で食事した方が良いと判断し、「じゃあ、リッツ内のお寿司で」ってことになりました。


昨日、ホテル内のレストランは物色済です。一応、候補としては和食だなってことになり、お店の前には夕食のメニューが出されていたので「お昼のメニューを見せていただけますか?」とお願いしたところ「いつのご利用予定でしょうか?」と聞かれて、「明日です」と答えしばらく待っていると。。。12月のランチメニューをコピーして持ってきてくれました。しかも、「明日の予約の状況ですが、いまのところ若干の空きはございます」と、こちらが聞きたいことはすべてクリアした完璧な応対でした。


そのメニューを見ると、お昼にしては高いですが出せない金額じゃないなってことで、お寿司のカウンターへ。もちろん、一番安いものを注文(笑)。これがいけなかったのか。。。「えっ!?これがリッツ?」と思う程度のネタ。そりゃあ、安いものにしましたよ、しましたけど。。。普通も普通。ぶっちゃけ、「スーパーのお魚屋さんが作ったお寿司」の方が美味しくないか?ってくらい。


福岡ではよくお寿司屋さんに連れて行ってもらうという妹は(基本、値段の高いものはおごりじゃないと行かない主義、笑)、「職人の仕事も雑」だと散々こきおろしておりました。一方の私、普段はめったにお寿司屋さんには行きません(というか行けません、苦笑)が、ちょっとあの程度では不満が残りましたね。というか、福岡って食べ物が美味しいとよく言われますが、ずっと住んでいるとあまり実感しないもので。。。今回の件で、食には恵まれているんだな~と、その有り難味を感じました。


まあ、ネタだけではなく、最後のデザート(ぜんざい)と一緒に出されたお茶も「出がらしか?」ってくらい不味かったし。お茶にはちょっとうるさいですよ、わたくし。よっぽど「入れ替えてください」って言おうかと思いましたが、なんせ一番安いものを注文した後ろめたさから言えず(苦笑)。一応、抗議の意味で思いっきり残して帰りました。←結局やることがセコイ。


とにかく、リッツカールトンは超オススメのホテルですが、和食(特にお寿司)はオススメいたしませんっ!



と、最後の最後にケチがつきましたが。。。今回の2泊3日の大阪遠征。総合的には大満足で終わりました。さて、今年は何回遠征できるんでしょうかね~。いまのところ、従妹の付き添いで慎吾ちゃんの舞台観劇のため2月に東京遠征(1泊2日)予定です。
[PR]
by rei8s-cool8b | 2010-01-14 04:11 | 遠征記 | Trackback | Comments(2)
2日目。ホテルで朝食。朝食つきとなしとの差額は1000円だったので、まあこんなもんかな?って内容でした。

チェックアウト時間は11時。ギリギリまで部屋で大阪ローカル番組など見てましたが、ゆうべからテレビつければ宮根さんを見ないことはないってくらい。すごいな、宮根さん。

チェックアウト後は本日宿泊のホテルへ直行。荷物を預けねば。

今回の旅行、コンサート以外のもうひとつの目的が憧れのリッツカールトン大阪に泊まることでした。さすがに二連泊は庶民の私には厳しかったのですが(苦笑)、リッツにしてはかなり安いプランを見つけたので、えいっ!やー!とばかりに予約いたしました。


キョロキョロと挙動不審になりながらロビーに着くと、かなりの混雑(ちょうどこちらのチェックアウト時間にかちあったみたいです)。とにかく、荷物を預けるべく妹が率先して動きます。私はなんせ、ホテルの重厚感に威圧されっぱなし(汗)。元ホテル勤務の妹にそこはお任せ。

もう、このあたりからこのホテルの接客の素晴らしさに感動すらします。特に、なにかお願いしたり、尋ねたりしたときの対応がお見事。迅速かつ、こちらが望んだもの以上のサービスが受けられ、妹と二人でずっと「さすが」と言いっぱなしでした。


「御戻りのご予定は何時ころでしょうか?」と尋ねられ「午後2時ころです」と答える妹。チェックイン時間は3時なんですけどね、「大丈夫。ちょっと早めに言っとけば優先して準備してくれるはず」。。。私なら気後れして言えない(苦笑)。そして、ホテルスタッフの返答は「申し訳ございません。チェックインは3時からとなっております。」ではなく。。。「かしこまりました。では、そのお時間までにはお部屋の準備ができておりますよう努めます」でした。


チェックインする前から「これはかなり期待できそうだ」とワクワクしながら、梅田近辺をブラブラ。またしても妹のブーツ探してデパート巡り。大丸→阪急→阪神とまわりましたが気に入るものが見つからず。しかしながら、一番期待していなかった阪神で、今度はゴルフレッスン用にちょうど良い大きさのバックを見つけ買おうかどうか思案中の妹。


一旦保留し、やっとお腹も少し空いてきたところで、ヒルトンプラザ内のカフェで軽く昼食。期待して入ったわりには、あんまり。。。でした。スタッフは可愛らしいメイドさん姿の若い女性ばかりで(それはそれで目の保養にはなりますが、笑)、接客がもうひとつでしたね。お店自体は素敵なので、もっと教育が必要かと。。。


昼食後、やっぱりバックを買いたいということで引き返し購入。その後やっとこさホテルへ。


チェックイン後、部屋へ案内してくれた若い男性スタッフが笑顔の素敵な人でしてね、ええ(ニンマリ)。「この辺で遅くまで営業しているたこ焼き屋さんかお好み焼き屋さんありますか?」と超庶民な質問にもめちゃくちゃ感じの良い返答が即座にかえってきます。「はい、ございます。ホテル周辺のお店が載った地図をお持ちいたしましょうか?」


ウエルカムドリンク(安いプランで泊まってるのに、色々と選べました)を部屋に運んできてくれた時には、ホテルが用意しているわかりやすい地図で、「個人的にお勧めのお店は。。。」と、そのお店の特徴まで説明しながら数店舗お勧めしてくれました(←結局、時間がなくて行けなかったけど)。


スマートかつフレンドリー。素晴らしい接客に妹と二人で感心することしきり。


さてさて。今回もたくさん写真を撮ってきたお部屋(スーペリアツイン)の紹介です。

a0075478_23404112.jpg

↑ 時間が前後しますが、これはターンダウン後。

a0075478_23404187.jpg

a0075478_23404179.jpg

寝相悪くて落っこちたら痛いだろうな、ってくらい高さのあるベッド。寝心地も良かったです(まっ、私はどこででも寝られますが、笑)

a0075478_2340419.jpg

ウエルカムドリンク、二人ともグレープフルーツジュースを選択。もちろんフレッシュジュースで、めちゃくちゃ美味しかったー!「これ、1杯で軽く1000円は超えるよね?」と会話がモロおばちゃんな姉妹(笑)。

a0075478_23404198.jpg

32階からの夜景。カーテンもゴージャスでした。

a0075478_23404182.jpg

洗面台。シンクがふたつあるのはオンナ二人旅にはありがたい。

a0075478_2340412.jpg

独立シャワーブース。タオルも良質で、量も豊富です。エコじゃないけど、ついつい色々使ってしまいました。


a0075478_23404141.jpg

大理石のお風呂。シャワーカーテンもやはり一味違いました。


妹が「コンサートやめて部屋にいようかな?」とまで言い出すくらい、高級感もあるけどなんともいえない居心地の良さ。「オイオイ、一番の目的はコンサートやろー!」と引っ張って行きましたが、私もこのホテルにいると外に出たくない気持ちになるのも無理ないなと思います。たしかに価格的には高くて毎回泊まれはしませんが、その接客に触れるや納得しましたもの。「うん!これくらい払っても惜しくない」



ウエルカムドリンクを飲みほし、いよいよメインイベントの京セラドームへ。



コンサート終了後、すんなりとタクシーが拾えたので10時前にはホテルに到着。またしても運転手さんがお喋り好きなおじさんでした。ホテルに戻り、遅い夕食は。。。ホテル内のショップで買ったパンと、旅行に行くときは必ず持っていくドリップ式のコーヒー(←こんなとこはめっちゃ節約、笑)。それでも、備え付けのジノリのコーヒーカップに注げば、気分もそれなりに高揚するものでした(笑)。


コンサートも大満足、ホテルも大満足で2009年大晦日を迎えました。
[PR]
by rei8s-cool8b | 2010-01-12 23:27 | 遠征記 | Comments(0)
お互い40を超えて初めての姉妹旅行。 妹は専門学校を卒業後、研修で1年間心斎橋にある某ホテルに勤務していたため、大阪はゆかりのある地なんです。

母の治療が年内に終わり、「私らも頑張ったよね」ってことで、コンサートが一番の目的ではありますがご褒美の旅でもあったわけです。


いつものように、佐賀空港より出発。さすがに年末ってことでいつもより乗客は多いです。が、自宅から空港への道のりはあっけないほどスイスイ。道路族のドンの力って凄いのな~と思わずにはいられない、こんな田舎にもったいないやろーな新しい道路ができて、20~25分で着いちゃいますからね。


で、意外と侮れない佐賀空港。なんとそこの売店で、北海道では行列必至の例の生キャラメルが販売されているではありませんかー!妹と二人、おそるおそる「本物?」と眺めていましたが、空港で偽物を売るはずもなく(笑)。根がミーハーな私ら姉妹は、いまから大阪へ行くというのに2箱購入。


年末なので珍しく満席なプロペラ機で、いざ大阪へ。もちろん揺れますが、毎度のことです。


伊丹からはリムジンバスで梅田へ。今回の旅行1泊目はホテルモントレ大阪です。宿泊費はかなり安いですが、ホテル内は女性好みのインテリアで綺麗だし、コストパフォーマンスは高いのではないかと思います。マルソロコン時にも1度利用したのですが、翌日出勤のため朝6時にチェックアウトというまさに「寝ただけ」だったので、もう一度泊まってみたかったんです。


a0075478_14451135.jpg
  
a0075478_14451174.jpg


なかなか素敵でしょ?加湿器が常備されているのも女性にはポイント高いです。


まあ、バスルームはいたってシンプルだし、壁は薄いので神経質な人は「うるさい」と思うかもですが、お値段を考えれば満足です。


しかしながら、今回もホテルでゆっくり過ごすこともなく、チェックイン後グッズ購入のため京セラドームへ。タクシーの運転手さんがとっても面白い人でした。「ドームで何やってるの?」やら「ほぉー、関ジャニ。正月までやるの?運転手仲間に教えんと」やら、喋りっぱなし(笑)。


グッズ購入後は地下鉄で心斎橋へ。長堀クリスタルだっけ?地下には結構オシャレなお店があって、妹が「ブーツを買いたい」と言い出す。えっ!?大阪でわざわざブーツ?どうやって持って帰るの?と思いつつも、色々見て回りました。結局気に入るものは見つからずでほっと安心(笑)。


そろそろ午後5時。鳥○族に並ばすに入れるようにお昼は軽めにして開店時間を狙っていく予定。。。でしたが、方向音痴の私は地上に出たとこで逆方向へズンズン進んでいたために、引き戻して15分のロス。まあ、それも旅の思い出ってことで(苦笑)。


生中で乾杯するアラフォー姉妹。うーん、お店的にはなかなか珍しい客層でしょうね。そして、注文した焼き鳥が運ばれてきた、まさにそのときにミラクルが!店内に流れている有線から聞こえてきたのは。。。急☆上☆Show!

「まさか、エイターってばれた?」と思わずにはいられないタイミングだもんで、二人で爆笑してしまいました。そして、その後またもや食べ過ぎやろってくらい食べてしまいました。しばらく焼き鳥はいりません。って感じで、大倉パパ売り上げに貢献して参りました。


お店を出たのは7時少し前。そこから歩いて、今度は占いへ。ネットで適当に見つけたとこなので、あまり期待せずに行ってみたところ、当たる当たる。いままでの仕事を辞めてきた理由とか、ドンピシャなの。で、相談したいことはやっぱり「仕事」のことでして。向いてないな~と日々悩んでいることなので、見てもらいました。


う~ん。「現在の仕事は、自分を高められる良い環境に恵まれているので、条件に不満がないのなら続けなさい」とアドバイスいただきました。法律関係という仕事内容も向いているし、なんの問題もないらしい。←本人は結構問題あると思ってるけど。 「自分で思いこんでるだけですよ。仕事運がすごく良い手相だから、どこでもそれなりにやっていくけど、次の仕事をまた探すの面倒くさいでしょ?」←うん、たしかに。でも、もう仕事しないってことは。。。「あははー。家庭におさまる人ではないですよ。」←やっぱり。


ひとつ気になることが。。。「いま恋愛してます?」←えっ!?夫も子供もいますが。。。なにか出てます?「結婚に対する気持ちがすごーく下がってますけど。。。もしかして恋愛でもされてるのかな~と」←確かに結婚に向いてないと痛感してますが、恋愛はない。いまさらそんなややこしいことないです。と答えたものの。。。はっ!!もしかして、マルちゃんへの気持ちが手相にもでてしまったりしてるってことー!?どんだけ、マルが好きなん?私ってばー。


時間があまったので家族のことも聞いてみましたが、生年月日だけでこんなに当たるものなの?ってくらいの当たっててビックリですよ。特に夫のことね。。。「奇人変人」ですって(爆笑)。←その通り!本人はかたくなに否定してますが(笑)、もう認めろ。妹も占ってもらいましたが、あまりの的中ぶりに驚いてました。


若くて可愛い先生だったし、大阪へ行ったらまた寄ろうっと。。帰りは御堂筋線の梅田駅からホテルに戻るため地下を通ったら、例のごとく方向音痴を発揮。やっぱり梅田はいまだに迷います。



こうして1日目終了。なかなか充実してました。
[PR]
by rei8s-cool8b | 2010-01-09 18:23 | 遠征記 | Comments(4)
ここを覗いてくださってるほとんどの方は参戦されていたし、レポもたくさん出回っているので感想だけ。

関ジャニ∞ カウントダウンLIVE2009ー2010  12月30日公演


本当に楽しくて楽しくて。時々泣けて。一緒に盛り上がって、聴かせて、魅せて。完成度もかなり高いコンサートでした。ダブルアンコールのあとは、満足感でいっぱいでした。なにより構成が素晴らしかった!


いつものように、開演前の注意事項のアナウンスから楽しませてくれるエイトコン。まさか、あのナレーションがマルだったとは。。。完全に声優さんだと思ってた。声の加工はされているのでしょうが、やはりマルには「声」のお仕事もぴったりだと再確認いたしました。ぜひぜひ、オファーを。


そして、♪急☆上☆show!から始まるんだろうな~という予想を(良い意味で)大きく裏切られたオープニング曲。まさかの♪ローリング・コースター、しかもバンド。登場の仕方もいままでとガラッと変わって、新鮮だしカッコイイ!


♪desire やすばが先にはけたので、「まさか」と思っていたらその「まさか」でした。以前のコンサートでは、真っ白い衣装の二人に青い照明が当たって、とっても幻想的な雰囲気だったことが強く印象に残っていたこの曲。今回はふたりともラフな衣装なのに色気が増していたような。特に、メガネのヤスがね、めっちゃカッコ良く見えたんですが。。。いや~、またこの曲を聴けて嬉しかった。


♪torn  いやいや、もう。desire聴いてうっとりしているとこに、たたみかけるようにこれですよ。しかも、大倉ソロコンでの「頼むから売ってー!」と誰もが熱望したあの映像が画面に映ったとたん、思わず「キャー!」と年甲斐もなく叫んでしまったのは私です。お恥ずかしい。間奏での高速トロッコ移動には「すげー!」とも言ってしまってました。いい大人が使う言葉じゃありませんね、まったくもってお恥ずかしい。ですが、この二人のこの曲には冷静でいられない私でした。大倉さんの低音ボイスでの♪うぉうぉうぉうぉうぉおぉ、いぇい(←わかりずらい?苦笑)がまた聴けて嬉しかった。


で。じゃあ、お次はヨコヒナマルの♪ほしいものは だなと思っていると、またしても裏切られる。おや?これは?まさかの。。。ワンシャンロンピン!(爆笑)←これだけで笑えるって。 いや~、誰にも真似のできないザ・丸山ワールド!でしたよ。エンターティナーだよね~、マルって。♪隆ヘイ!ヘイ!ヘイ!がやれて楽しかったー!


さて。ここからが、また凄かった。「もしかしたらやるよね?」と初参戦の妹ともめっちゃ期待していたら、やっぱりやってくれました。。。Babunマン。なんなら、ここが一番テンションあがったかもしれない(笑)。会場の盛り上がり方も半端じゃなかったし、ものすごい一体感でした。ちゃんと、「怪我するぜ」のとこはシーンと黙ったし、あいの手も信五コールもめちゃくちゃ張り切ってやりました。楽しすぎました。そして。。。村上さんってやっぱり凄いわと感心いたしました。


ユニット・ソロコーナーの最後はヨコ。曲は♪413man まさか、この曲が聴けるとは。しかも、メンバーがバックで演奏しているとは。もうね、泣けました。ヨコの決して上手ではない歌声で。。。泣きました。おじいちゃんっ子だったヨコの優しい気持ちがいっぱいつまった、巧くはないけどまっすぐな歌詞に泣けたし。♪僕にも大切な仲間ができました のとこで、バックのメンバーの方を向くヨコに泣いたし。「歌って上手い下手よりも気持ちなんだな」と実感できました(ただ、Babunマンの衣装のままの村上さんがスクリーンに映ったときだけは、涙もすーっとひきましたがね、苦笑)

そして、レコメンでの413manの裏話を聞いてまた泣くという。だって、この曲はやらないと最後まで渋っていたヨコを、「俺らがフォローするからやろう」と推してくれたのは他のメンバーだったとか、知ったら泣くでしょ。メンバーのことが、関ジャニ∞のことが大好きなヨコだけど、メンバーも同じ気持ちだと伝わってくるんだもの、泣くでしょ。


さて。。。ここまで書いて気づきましたが。。。感想だけでも長くなりそう(汗)。もう少しおつきあいいただけますか?


MCでは、大倉が積極的に喋っていたな~。ちょっと前までは完全にお客さん状態だったのに。。。成長したのね、たっちょん。自らお父さんの話もしちゃうし。ヤスも、亮ちゃんもよく喋ってた。それにひきかえ、「今日のMCはマルだけ一言もしゃべってないな~」と思ったところで、すかさずヨコがマルに話を振るあたり、さすが仕事人ヨコ。それに対して「お前はどうでもいい質問させたら日本一やな(失笑)」な発言しかできないマル。。。残念!それしにても、「みんなユー○ューブで見てるやろ?」って、どんだけ自由な発言するグループなん?(笑) 



またしても、まさかこの曲をやるとは!の♪マーメイド  出だしが大倉さんでね。正直、大倉大好きな私でさえもちょっと切なくなってしまったんですけどね(どんな風にも受け取れるし)。でも、やっぱりこの曲好きです。ガシガシ踊るエイトが見られて、そして懐かしかった。

続いて♪ブリュレ 踊って魅せる曲が続くなんて、完璧な流れ!なんて素敵!特に♪ブリュレは なんとしてももう一度見たかった!ムービングステージの上で踊るエイトのカッコイイことといったら。世間のみなさまにお見せしたいわ~。


♪悲しい恋  個人的には♪二人の涙雨 が聴きたかったけど ♪悲しい恋といえば、♪泣き叫ぶよ の振り、マルの悩ましい腰回しに尽きるわけですが(それはお前だけだろーってツッコミも聞こえますが)。。。バッチリ拝めましたーー!ふぉーー!色っぽぉーーい!。。。はい、大満足です(笑)。これだけでも6500円払えます!(キッパリ)



極めつけは本編ラストの曲・・・♪冬恋 ですよ。マルの見せ場(聴かせどころ?)、大サビですよ。テレビでは、期待虚しく隅っこの立ち位置でしたが、今回センターです、センター!しかも、ピンスポ当たってるー!!。。。はい、泣けました。あの大きなドームに響き渡るマルの甘い甘い高音。 いつもはハモリやコーラスでしっかりと縁の下の力持ちの役目を果たすマルが、スポットライトを浴びて4万5千人の観客の前で大サビを歌ってるんですもの。。。泣けるでしょ?泣かせてください。もう、これを聴きたいがために、(一応主婦の身でありながら)年末の大阪遠征を決めたようなものですから。



さて、長々と書いてしまいましたが。まとめると、この年末年始のコンサートはクオリティが高かった。私の中ではいままでで一番と言えます。本当に聴きたい曲がぎゅっと詰まっていて。歌も全員とっても安定してして、特に7人のハーモニーが綺麗でした。あぁ、世間のみなさまに聴かせたい。


♪いろは、マーメイド 、10年後~を聴いていると、松竹座でやってた頃を思いだしながら「こんな大きな会場でコンサートできるグループに成長したんだな~」としみじみ。でも、決して「遠い存在になった」と思わせないのが彼らの凄いところで。随所にファンへの「ありがとう」の気持ちが込められた、愛が感じられた良いコンサートでした。ドームの天井いっぱいにファンへの直筆メッセージが映し出される演出には感激しました。いつまでもあの頃の気持ちを忘れない彼らなら、まだまだ上を目指していけると確信しています。





最後になりましたが、大阪でお会いできたみなさまへ。今回、妹との旅行を兼ねた大阪遠征だったため、なかなか予定通りにいかなくてご迷惑おかけいたしました。



☆あおちゃん・・・わざわざホテルまできてもらって(しかもその途中で雨に降られた?)、私の段取り悪くってごめんね。相変わらず可愛いくて、すばるに会えるドキドキを隠せないあおちゃんがとっても愛おしかったです。こんなに近くに住んでるんだもの、また地元会合いたしましょ。S町あたりで(笑)。仕事の話も聞きたいです。


☆ちちさん、フローネさん・・・連絡が遅れまくりで、携帯もなかなかつながらなくて、ご迷惑おかけしました。お待たせしてしまってごめんなさい。それでも笑顔で迎えてくださってありがとうございました。本当はもっとがっつりお喋りする気満々だったのに、あわただしくご挨拶しただけになってしまって残念でした。公演後にでもお付き合いできれば一番良かったんですけどね。。。ホント、申し訳ない。次回はぜひリベンジで、お二人のパワーをいただきに参りますね。福オカン(笑)より。



☆reeさん・・・ほんのわずかな時間だったけど、そして座席にまでお邪魔してしまったけど、会えて嬉しかったです。可愛らしい(というか美人系かな?)自慢の娘さんとも会えて、ラッキー(笑)。隣のブロックってこともあり、コンサート中も亮ちゃんのあんなことやこんなことに「いまごろreeさんどんな反応してるんだろ」とひとりムフフとなってました。次回は、まだ顔を覚えてる内に会えるかな?(笑)


☆ゆうさん・・・お会いできなくて本当に本当に残念でしたー!娘さんとも会いたかったのにー。(次女も自分のことのように残念がってました・・・Sちゃんと会えなかったの?って) 2泊3日だからと私が余裕かましていたばかりに(この通りお会いできた方ともめちゃくちゃバタバタで、汗)すみませんでした。次回は、マルについてまたいっぱいお話ししてくださいね。来月東京行く予定です。。。1泊2日ですが(苦笑)。
[PR]
by rei8s-cool8b | 2010-01-09 17:03 | 関ジャニ∞ | Trackback | Comments(4)
母の病気の再発に始まり、私は仕事で手いっぱい、夫はこの大不況の真っ只中に就いたポストでプレッシャーからか円形脱毛症になり、給料カットにボーナスカット…厳しい厳しい2009年が終りました。


私には「エイト」という楽しみがあって本当に良かった〜!と感じた一年でした。彼らが、落ちた気持ちを♪急☆上☆Show!させてくれました。


まだまだ知名度が低かった頃から見ていたので「応援してあげてる」という気持ちが強かったのですが、彼らに癒され助けられ救われているんだとわかりました。


そんなエイトのことを、今年もたぶん不定期になるとは思いますが、自分のペースで書いていきたいと思ってます。


こんなところでも立ち寄ってくださってる皆さま、2010年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by rei8s-cool8b | 2010-01-01 19:25 | 関ジャニ∞ | Comments(0)

うっかり関ジャニ∞にはまってしまった40代のミーハー記録♪ ただいま丸山隆平溺愛中


by rei8s-cool8b