ただいまです。

台風をうまいこと避けながら行ってきました、すば倉コン再追加公演1部。

このコンサートに関してはチケット申し込みの段階から色々とトラブルありで、正直エイトのことまで嫌いになりそうな時期がありました。

なんでこんなに振り回されなきゃいけないんだ!と。こっちは大金かけてんだぞ!と。

現実的なことに例えると、ダンナさまの親との折り合いが悪くって離婚した友達がいたけど、それがわかる気がした。

本人のことは好きなんだけど、その本人に関わる周りのひとが原因で嫌になるってことがよーくわかりました。

それでも、エイトって「これは!」と見込んだグループだったから。

スマップよりも大きな可能性を感じたグループが、これからどんだけのものになるかを見届けたかったから。

なにより、「すばるの歌声」が聞きたかったから。生で聞くとゾクゾクするあの歌声を聞きたかったから。

再追加公演もチケットはずれた人がいる中で、せっかくのチャンスを無駄にしたくなかったから。


結果・・・行ってよかったです。思わぬ豪華なオマケまで付いて、本当に本当に良かったです。



まず、席に着いてドキドキが高まる。(いままでのエイト関連では、一番の良席でした。)

最初に登場したすばる・・・髪は下ろしててすっかりストレートで、金のメッシュがたくさん入ってて、まーカッコ良かった!

いままですばるって「可愛い!面白い!天才!神様!」と思っても「カッコ良い」と思ったことはほとんどなかったのに、このときのすばるは「カッコ良い!

1曲目、2曲目がまた・・・スマの曲でね。(「弱い僕だから」は木村さんソロか。)嬉しいのなんの。そして、完全にその曲を「すばるの持ち歌」と思わせるほど自分のものにしてて、聞いてて誇らしかったです。

ただね、バンドの生演奏だからなのか、マイクの音量が小さかったのか、バックの音に消されて最初の方は歌が聞こえづらかったです。

あとは少クラでしか聞いたことがなかった、「Fight Man」やら「shelter」やら「サヨナラ」やら聞けて嬉しかった~。

クリパで聞いてゾクゾクした「greedy」もまた聞けた。やっぱりこれは格別です。これ歌ってるときのすばる、色っぽいもん。

一番好きだったのは、ブルース版「おばちゃんROCK」とアコースティク版「Eden」。たっちょんの台詞「冷やし飴よばれよ~」「マスターおかわり」がそりゃもう、なんとも言えず。低音ボイスの魅力ですねえ。面白くなるかもと思ってやったらしい”おばROCKブルース版”が、めちゃくちゃカッコ良いの。すばるの声ってブルース合う。

そして「Eden」。ただでさえこの曲聴くとウルッとなるのに、アコースティクバージョンなので、すばるの伸びやかな声が心地よくすーっと入り込んできて。もうウルウルでしたよ。歌で感動することってあるんだな~と、いつもすばるは思わせてくれますね。

この2曲を歌い終わったあと、すばるが「みんな眠くなってませんか?」と聞いてたけど、それくらい心地良くってまだまだ聴いていたかった。

アイドルのコンサートって、曲が終わるごとに拍手するってことあんまりないけど、いっぱいいっぱい拍手送りました。周りの人たちもみんな歓声ではなくて拍手でした。歌や演奏を称える証しですね。


すばるのことばっか書いてますが、もちろんたっちょんも良かったです。21歳にして(決して狙ったやつではない)この色気は、今後どう成長していくのかますます楽しみ。

小顔で長身で程よい肉付きで、ほんと華があるのよね~、たっちょんは。まじまじと顔を見たけど、見れば見るほどキレイなんだな、これが。悔しいほどに。

数年前は8人のなかで一番目立たなかった子が、今ではパッと目を引く存在感だし。関ジュをバックにつけて踊ってる姿がまたカッコ良いんだ。今回初めてちゃんと踊りを見たけど、動きが綺麗だわ~。

歌もね、好きですよ。エイトの中では貴重な低音で、たっちょんの歌声ってエロいよね。(「サムライブルース」とか特に好き。)で、時々可愛いよね。


「Mステコーナー」
どうみてもタモリさんじゃない筑紫さん風なカツラのたっちょん。ちょっとね、何言ってるのが聞きとりづらかったけど。

生着替え、お約束のすばるのパンツも見れました。濃紺にグリーンのライン入ってたような・・・。どこのブランドかまでは不明ですが、それまでわかったらどんだけ見てんねん!て言われますね(苦笑)

まだまだ幼い顔したすばるの昔の映像が見れて嬉しかった。お宝映像とかほとんど見たことなかったから、ここで見れるなんてー。昔のすばると現在のすばる、交互に見るので忙しかった。ちらほら映る昔のヨコヒナや亮ちゃんもかわいいー。


すばるの無茶ぶりにアドリブで歌うたっちょんが可愛かった。1曲目は「Tバック」・・・ふるっふるー、にわとりがなんたらって歌ってました。

歌い終わったあと「いま、色んなとこが縮んでる」なんてたっちょんが言うもんだから、すばるが食いつかないはずがない。2曲目「縮んでる」・・・カラオケでウーロン茶こぼして洗って乾燥機かけたら縮んだ。最後まで歌い切った感に、客席からはアンコール。

もう嫌って言ったって、すばるがやらせないはずがない。3曲目「僕の実家は焼き鳥屋」キター!たっちょんが身を削ったあの伝説の歌が再び!?と息をのんでると・・・

♪手羽先、なんこつって歌い出すやいなや、すばるがストップかけました。えーー!?ここまできたら引き下がれないたっちょん、「実家までネタにされた以上最後まで歌わせろ」と。しかし、すばるは「そこまで身削らんでいい」と。あんたが振ったんやろー!!てことで、大阪で有名な大倉パパ経営の焼き鳥屋さんの店名は聞けませんでした。(みんな知ってるけどね、笑)


「MCコーナー」
土曜の福井でのエイトコン後、バスで7時間かかって東京着は午前4時頃。そして、昼すぎにはコンサートやってるんだもん、若いからこそできるんだろうけど・・・翌日は富山でまたエイトコンあるし。もうちょっと考えてあげてよ、事務所。

「じゃあ、ゲスト呼びましょうか」にえ?誰?となるも、東京ジュニアの子数名と関ジュの上村くん。東京の子らも構ってあげたら?って思うくらい、すばるは上村くんばっか構ってて。懐いてくれてるのが嬉しいんだろうね。すば倉コン観に来たいという上村くんの願いをすばるは叶えてあげたつもりが、出演してたって驚いてました。

で、ジュニアがはけたあと「じゃあ、もう一組のゲスト」ってなって。誰だ?今度は関ジュ?なんて余裕で見てたら・・・こっから先は別エントリーで。(若干テンションおかしくなるのでね)



関ジュの中では淳太一押しのreiと娘たち。前回は同行してなかったらしい淳太の姿を真っ先に探しました。キッラキラの笑顔でしたよー。時々振り間違えてたけど、一生懸命踊ってるのよ。手をパンって叩いて踊るとこなんか、ほんとにすっごい大きな音で「パンッ!」て聞こえてくるほどなのよ。いやー、良かったわ。

桐やんも相変わらずの存在感で、B.A.Dで歌ったときも堂々としていたし、関ジュを引っ張っていってくれるだろうと思えるたくましさもあったし。フォーラムの舞台上は大勢で踊るにはセットがせり出してて狭かったので、関ジュの子らよくぶつかってました。

FIVEって。まだ顔と名前が一致してないけど、ものすごく好きになりました。すばるが信頼しているバンドだけあるわ。ジャニーズぽくないのも、またイイね。

∞∞∞∞∞∞∞∞

本当に本当に楽しいライブでした。

翌日目が覚めたとき、肩から腕にかけてかなりヤバイことになってました。

ずっと右手を振ってたからね。

Dive~口笛の向こうが終わったときには、ゼーゼー。息切れしてました。今度はカラダ鍛えて臨もう。

ピョンピョン飛べなかったので、今度は高いヒールのブーツはやめとこう。(体重&年齢のせいでもあるけど、ここは一応ヒールのせいにしておこう、笑)

例えオマケがなくても、東京まで行く価値はありました。

そして、欲を言うなら「すばるのソロ」「大倉のソロ」別々のソロコンを見てみたいと。ひとりでも充分聞かせて見せられるもの。そんな魅力をもったメンバーが集まったエイトだもん、そりゃ間違いないな!と。eighter辞めなくて良かった・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://reitoeight.exblog.jp/tb/4310407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rei8s-cool8b | 2006-09-19 12:07 | 関ジャニ∞ | Trackback | Comments(0)

うっかり関ジャニ∞にはまってしまった40代のミーハー記録♪ ただいま丸山隆平溺愛中


by rei8s-cool8b