今年のサマスペ。②

胸の中のモヤモヤをとうとう書いてしまった。

人それぞれ感じ方は違うと思いますが・・・。以下、素直に感じたままに。







えーーっと。展開はやっ。どれもこれも中途半端なストーリー。なになに?いまのなに?って思うこと多し。

エイトはお芝居上手い子たちなのに・・なんか、勿体無い。もうちょっとひとつひとつのストーリーをじっくり掘り下げていけば面白かったかもしれないのに・・・。サマスペ=舞台って思ってたので、たとえショータイムが短くてもっとお芝居の部分も見たかったのに・・・。、

去年、初めて観たサマスペに「ジャニの舞台もなかなかいいな。大したことないやろって偏見やったな」と感激しただけに、今年のサマスペは「やっぱりジャニの舞台はこんなもん」て思えた。
ファンでさえこう思うのだから、外部の人になんてとても勧められない内容じゃないでしょうか。

「着るものも食べるものもなくなった」状態なのに、どうしてギターやベースやパソコンがあるの?そこは突っ込んじゃダメ?でも、どう考えてもおかしい。

なにもかも唐突すぎて、意味がわからない。でもエイトは頑張ってる。むーー。

そんなモヤモヤを振り払ってくれるシーンもありましたよ。

マル演じるコレキヨ。今年もまた去年のシートンに引き続き、お客さんから一番の拍手をもらっていたのはマルでした。重いテーマの話の中で、唯一の笑いどころはコレキヨのシーンだけでした。

「うわーーん」て泣くシーンも果物をバックにこっそり詰めて見つかるシーンも笑ったけど、特に最高だったのが、「いま一番好きなクラッシックの音楽家」を説明するシーン。

これ、毎回アドリブよね?19日は「シン・チョンワン(ちなみに日本人。ええー?笑)で、20日は「アブダビ」だっけか?まあ、とにかくあれをアドリブで乗り切るマルちゃんは凄いっ!この人は舞台に立つと堂々としてますね。どうかもっと良い作品に出会って、その才能を世間に知らしめてほしいものです。

そして、すばるの声!歌!20日はほんの少しかすれてる気がしたけど、それにしても伸びやかな声!すばるが歌うと息をするのも忘れて聞き入ってしまいます。そして自然と涙が出てきます。そんな人の心を打つ歌声です。間違いないね、すばるは。だからこそ、すばるの歌声の余韻に浸る間もなく次のシーンに切り替わるのが悔やまれます。

ヒナちゃんもあんなに難しい役をよく演じきってたと思います。でも、やっぱり無理があるよね、あの設定は。あんな陳腐なストーリーにこの設定は重すぎやしませんか。ヒナちゃんが頑張っているだけに、これまた悔しい。

ヨコはやはり人をひきつけるオーラを持った人でした。トプステのヨコはただの中年のおっさんだったのに、同一人物?と疑いたくなるような華やかさ。天性のものなんでしょうね。あ、ハチ子さんの感想読んで一番「そーそー」と頷いたのが「時々頼朝さまが出てた」でした。それにしても、やはりやるときゃやる男。見直しました。

19日、2階席からはその細かい表情まで見えなかったけど、20日真近でみた章大演じるソウスケ。ほんとに細かい部分までお芝居してます。芝居が好きって言い続けてる章大にも、舞台のお仕事がくればいいのに。きっと頑張りますよ、この子は。

そして、亮ちゃんとたっちょんは・・・「舞台の人」では無い気がします。亮ちゃんはエイトは知らなくても「あー、あのドラマに出てた子ね」って世間一般に認識されてるほどドラマでの演技は評価されてるし、たっちょんの「インテリジェンス」での演技を見て、今後にとても期待しています。
でも、それは舞台ではなくてテレビや映画の世界でなんですよね。残念ながら、今回の舞台での二人はあまり印象に残ってなくて。でも、舞台での経験は無駄ではないはず。

エイトは頑張ってます。すばる以外は時々台詞が聞き取れないところもありましたが・・・。去年が素晴らしかっただけにね、今年のお話は・・・。5年目の節目、集大成というにはあまりにもお粗末。もっともっと良い作品をやらせてあげたいけど、無理なのかしら・・・。

もっとこの子らの演技力が生かせるお仕事を!
[PR]
トラックバックURL : http://reitoeight.exblog.jp/tb/4169090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rei8s-cool8b | 2006-08-23 05:40 | 関ジャニ∞ | Trackback | Comments(0)

うっかり関ジャニ∞にはまってしまった40代のミーハー記録♪ ただいま丸山隆平溺愛中


by rei8s-cool8b