甘い父親と甘え上手な娘。

父親ってのは、どうしてこうも娘には甘いのか。。。

昨日、長女のみぃとスーパーに行ったときに

みぃが珍しく自分であれこれ買ってる。(いつもはこっそりカゴの中に入れるのに)

みぃはお小遣い制ではなくて、要るときに理由と金額を言って

必要ならばあげるという感じなんです。(ゆぅは毎月2千円です。これって少ないのかな?)

携帯代だけでもかなりかかるので、余分にはあげられません。

「なんでそんなに買うお金あるの?」と聞いたら

「パパが”これでジュースでも買わんね”ってくれた」・・・。

そういえば、今朝は雨が降ってたので、朝の課外授業がないこの期間は

ちょうど夫の出勤時間と都合よい電車で登校するみぃを

夫が駅まで送って行ったのだった。

夫よ!お前はアッシーくん兼ミツグくんかーーい!(例えが古いのはスルーしていただきたい、笑)


聞けばちょこちょこお小遣い渡しているらしい。(千円程度ですけどね)

みぃが可哀相なんだとさ。

友達と遊びに行っても肩身の狭い思いをしてるに違いないので、不憫なんだって。

ちゃんとそこらは、私が見極めて渡してるってば!

この前も、お友達と学校帰りに晩御飯食べてから帰って来たいっていうから

行くお店と帰ってくる時間確認してお酒は飲まないと約束させて、友達の家に泊まるってのは

却下して、焼肉食べ放題代金2千円渡したよー。

そんなに厳しくしてるとは思わんけど、夫には厳しい鬼母に見えるらしい。(お泊りに関しては夫も断固としてダメだと言ってましたけど)


夫はね、大家族だったので自分の自由になるお金なんかほとんどなくて

仲の良い友達がたくさんお小遣いもらってたのが、羨ましくてしかたなかったらしい。

自分の娘にはそんな思いをさせたくないらしい。

でも、私はね、他人を羨むより自分でいっぱい稼ぐようになれー、若しくは

玉の輿にのれー(笑、極端?)と娘らに言い聞かせております。

その為には、努力も必要なんだと。(でも全然聞いちゃいない、苦笑)

私もですねー、子どもの頃は今よりもっとラクな暮らしではなかったですよ。

正直、なんでも買ってもらってるお友達が羨ましかった。

でも、親に甘えられない性格なので(長女体質?)、同級生が受験勉強してる高3から

バイト始めて以降、親にお小遣いはもらわなかったなー。

妹は学校帰りに、父の職場に寄ってはちょこちょこお小遣いもらってたらしいけど。

私は20歳のとき実家を新築したときも、僅かだけど費用も出したし。

結婚資金も貯めてたから、親には出してもらってないし。(着ないから要らないっていうのに、母は着物を何枚も作ってくれてたけど)

そんな親孝行な姉(自分で言ってますが、笑)とは正反対の妹。

来年は40になろうというのに、未だに親に甘えてます。

父が勤めてた役所を定年退職したときは

「ねーちゃん、お父さんの退職金の私の取り分いくら?」と聞いてきたバカ野郎です。

数ヶ月前、ひったくりに遭ったからと年金生活の父に10万カンパしてもらってたのに

1ヶ月もしない内に送ってきた写メに我が目を疑いました。

真っ青な海をバックに満面の笑みでピースする妹。

「沖縄に来てま~す!」って、あんた。でも、憎めない。

甘え上手って得よね~。

ご飯くらいはご馳走してくれる人が何人かいるから食費はそんなにかからないらしい。

でも、家賃を出してもらうのは自分のポリシーからして違うらしい。

数日前は、北海道に旅行したからとお土産が実家に送られてきました。

そういえば、私が随分前に貸した3万、自分が使ってた前シーズンのGUCCIのバックで

支払うずうずうしさ。しかも、「3万以上の価値あるから5千円でいいよ」と言われ

なぜか、私は利子をもらうどころか5千円払ったのだった。


そんな世渡り上手な叔母さんのもーちゃんは娘らの憧れみたいです。(ロクな女にならんぞー)
[PR]
トラックバックURL : http://reitoeight.exblog.jp/tb/3993680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rei8s-cool8b | 2006-07-22 14:16 | 家族 | Trackback | Comments(0)

うっかり関ジャニ∞にはまってしまった40代のミーハー記録♪ ただいま丸山隆平溺愛中


by rei8s-cool8b