天才。

「大泉ワンマンショー」を観終わった次女ゆぅの第一声が「ママ、大泉さんは天才だね!」。。。うん、私もそう思う。

先週の土曜日、福岡市民会館(トシちゃんのコンサート以来だわ~←30年も前の話、笑)にて。洋ちゃんのエンターティナーぶりと天才ぶりをまざまざと見せつけられました。そして、約2時間ほぼ笑いっぱなしっていうステージは初めて。ゆぅなんて「笑いすぎて涙でつけまつげが取れる~」ってほど。

本当に、本当に楽しかった~!嫌なこと全部忘れた~!東京公演ではチケット取れなくて、当日券に連日何百人も並んだというジャニーズ以上の倍率のこの公演を見られただけでも有難いのに、期待を遙かに上回る面白さ。いや~、ますます洋ちゃんのファンになりました。


以下、覚えてる範囲でレポ。興味のある方はどうぞ。



1700人収容の会場。こんなこじんまりした会場ですが、今回の「大泉ワンマンショー」では最大のキャパ。いまや全国区の人気者の洋ちゃんだもの、そりゃあチケット取れないはずだわ。

会場は立ち見までぎっしりの超満員。客層としては20代後半?~40代くらいの女性が多くて、ゆぅみたいな10代の子はほとんどいなかったかも。男性の姿もチラホラ、30代~50代?って感じ。ふふっ、同年代多くて居心地良いわ~(笑)。

グッズ購入するのに並ぶには並ぶんですが、5分程度で買えます。パンフレットと前エントリーに写真載せた大泉ワンマンジュー(このネーミングに惹かれまして。味は普通、笑)を購入。同じくトイレも5分~10分くらい並べば大丈夫。いつもエイトコンで長蛇の列が普通な状態を見ているので、ほ~んと並ぶのが嫌いな私でもストレス感じなくて良い。

さくっとグッズ購入、トイレを済ませ準備万端(笑)、いよいよ客席へ。下手14列目、小さい会場なので近い、近い。

開演前に、入口で渡されたサイリウムの説明が若い女性スタッフさんからあり。初日は説明しなかったため、使い方がわからず持ち帰る人が多かったので、それ以降の公演で必ず説明されてるそうなんですが(そりゃあね~、おばちゃんには説明してもらわなわかりませんわね~)。「真ん中を押して割ったら光ってきますので、公演中ご自由にお使いください」。。。ご自由にって、ゆるい説明に会場大爆笑。洋ちゃんが出てくる前からひと盛り上がり。

そして、いよいよ開演。幕の向こうから高らかに「レディース&ジェントルマン!」と洋ちゃんの声が。そこからは、ご当地ネタで攻めてくる天才(まだまだ声だけです)。「♪た~ま~に~は~ け~んか~に~ ま~けて~こ~い」。。。「ごめ~ん」 地元民にしかわからないコマーシャルソングをこぶしきかせて見事に歌いあげる先生。たまらんところを突いてきますね~。

(まだまだ声のみ)「いま福岡ではソフトバンクホークスがクライマックスシリーズで死闘を繰り広げてる中、みなさんこんなとこに居ていいんですか? 博多座では海老蔵の復帰公演で湧いてるというのに、大泉洋がなにやるかわからないイベントにのこのこやって来て」と言われ、大爆笑の会場。はい、のこのこやって来ました。

まあ、こんな感じでしばらく洋ちゃんのあのぼやき口調が続きまして、まだ姿を見せない内から大爆笑をかっさらう先生でございます。

いよいよ幕があくと、いかにも昭和のキャバレーのようなチカチカしたセットにバンドのみなさんがいて。ダンサーさんを従えてタキシード姿の洋ちゃん登場!歌いながらゆっくり階段を降りてきて、いかにも「ショー」の始まり。まあ、その歌の上手いこと、上手いこと。笑顔が胡散臭くって、若干演歌歌手のリサイタルの様ですが、そこがまた素敵(笑)。もちろん、お得意の投げキッスもあり。

あっ、ちなみに。このバンドの方も、バックダンサーの方も本職の方ではございません。本職の方を雇ってツアー回ると高いんですよ~。全員現地調達、劇団の方でございます。もちろん楽器なんて弾けません。というご紹介が歌のあとにありました(笑)。

そして、またもや「ソフトバンクホークスがまだ試合やってるんですよ!海老蔵も復帰公演頑張ってるんですよ!そんな時に!こんなバカバカしいイベントにやってきてるあなた方は、福岡の少数派ですよ!」「いつもはオープニングはテープに録音したものを流して、僕は袖でそれを聞いてスタンバイしてるんですけど。ソフトバンクの試合結果を入れたくて録音せずに待ってたんですよ。でも、延長で終わりゃしない。だから、今日は生で喋ってたんですよ!♪た~ま~に~は~ け~んか~に~ ま~けて~こ~い。。。「ごめ~ん」ってね。あれ、ゆーちゅーぶで見ましたけども、ずいぶんと古いコマーシャルですね」

「福岡盛りあがってますね~。開演前に、うちの女性マネージャーがサイリウムを「ご自由にお使いください」ってずいぶんと乱暴な説明してましたけども。そしたら一斉に福岡のお客さん振り出しちゃって。初めてですよ、始まる前から会場がサイリウムで光ってるの。裏から見てたんですよ~」

「福岡県民のお客さんはどれくらいいらっしゃるんでしょうか?福岡ですって方?」はい、挙手。会場の半数以上は地元民のようでした。「じゃあ、福岡以外の方?どこから?」と聞いておいて「みんないっぺんに言うから聞き取れないや(笑)」 鹿児島や広島、千葉からもいらっしゃいました。「千葉?どの会場にも必ずいるね、千葉(笑)」 そんな中、福島から来ている方がいて。震災や原発のこともあってだろうけど、会場から自然と拍手が起こりまして。ちょっとしんみりしたらすかさず、「なんの拍手なんですか?いま頑張ってるのは僕なんですよ!」と言ってまた笑わせる洋ちゃん。

こんな感じで、まあぺらぺらぺらぺら・・・これだけ喋ってよく噛まないもんだと感心いたします。

ワンマンショーは3部構成。1部はものまねショー。2部は落語。3部は歌謡ショー。しかし、その合間にセットチェンジも衣装替えもしなくちゃならない。出演者は大泉さんひとり(まあ、バンドやダンサーに扮した劇団のみなさんもいますが、笑)そこで、転換VTRを流そうってことになり、オファーしたのが。。。藤村Dと嬉野D。どうでしょうファンにはたまらないVTRになっておりましたよ~。

まずは。おふたりと打ち合わせするところから転換VTRは始まり。9月21日。洋ちゃんは藤村Dの携帯に電話するも繋がらす。切羽詰まってる洋ちゃんは、藤村家の家電にまで電話してお願いしたそう。なぜここまで焦っているかというと、だってワンマンショーが始まるのは9月29日。そう、1週間で転換VTRを作れっていってるんだから。「じゃあ、なんでもやるんだな」という脅しにも似た藤村Dに従うしかありませんよね。ってことで、VTRでは「太鼓ショー」と「殺陣ショー」をやるということに決定したところで、やっと1部のものまねショーへ。

幕が開くと。。。あれ?セットチェンジや衣装チェンジのためのVTRじゃなかったの?と誰もがぽかーん。バンドのみなさんが居なくなってるくらいで、何の変化もなく。衣装もそのままで登場。「大泉洋ものまねショー」という安っぽいパネルが増えてるくらい(笑)。

さて。洋ちゃんのものまねのレパートリーは現在70。何をやってほしいか会場に尋ねると、みなさん一斉にサイリウムを振ってアピール。そして、圧倒的に「みっちゃん!」の声多し。大泉さんもそこはわかってて「はい、もうどこの会場でもそうです。みっちゃんでしょ。あの~、今日洋ちゃんファンに連れて来られてって方は多分「みっちゃんって誰?」って思ってるでしょ。説明しますとね、みっちゃんは私の従兄で自動車の営業マンやってるんですよ。」 いやいや、連れて来られた人はそこまで説明されても「なぜ大泉さんの従兄のものまね?」ってお思いでしょう。でも、私らは見たいんです!みっちゃんのものまねを!

生でみっちゃんのものまねを聞けて大満足。「あのな、クルマってのはな、3年経ったら走らんからな」と無茶苦茶なこと言って3年毎に大泉家に新車を買わせるみっちゃん。「いまならな、キャンペーン中でな、エッチデーデーがついてるからな」 「エッチデーデー」(爆笑) 会ったことない一般人のモノマネでこれだけ笑わせるってとこが、やっぱり天才なんだよね~。

続いては、私の通路挟んでお隣の女性があてられまして「はい、そこの女性。そう、いま勢いよく振ってるあなた。鼻の穴にサイリウム入れてください。はい、入れましたね。そう、あなたです」 みなさん、ノリが良い。そして、「木村洋二さん」のリクエスト。う~ん、この女性、相当なファンですな。日テレ系列の北海道のアナウンサーさんで、洋ちゃんが披露宴の司会をお願いする電話をかけたら、出張先のホテルでペイ番組を鑑賞中だった木村さん。日時もちゃんと聞かずふたつ返事で司会を受けてくださったものの、披露宴の日がなんと24時間テレビの日だったというね。

はい。ファンじゃなきゃ知らない人ばかり出てきますが、これ読んでくださってる方大丈夫ですか?

続いてのリクエストがまさかのヨン様。これには洋ちゃんもふいを突かれたようでしたが、「こんにちは、ペ・ヨンジュンです」というベタなモノマネを披露。そして、ヨン様の微笑みが意外と似てた。なんでもできるな~。

他、リクエストの多い方はプログラムに組み込まれておりまして。洋ちゃんの大ヒット主演映画「探偵はBARにいる」のあるシーンのアテレコをモノマネでやってしまおうというコーナーに。ここで、「大泉ワンマンショーを見に来ているお客さんの中で、まさかとは思いますが映画を観てないっていう方どれくらいいらっしゃいますか?」すると。。。半分くらいが観てないという残念な結果に大泉さんお怒り。「いま手を挙げた方、立ち見席の人と席を替わってくださいっ!なに座って見てるんですかっ!」なんてやり取りもありつつ。

やってくれたのは、リーダー(うちのゆぅが大喜び)、安顕、ミスター、田中真紀子(セットで鈴木宗男も見たかったわ~)、仁鶴師匠(これ、ゆぅが一番見たかったらしい)、福山雅治(これは外せませんわな)。。。あと誰だったっけ? 最後に渡辺篤史の「小林製薬の糸ようじ」が聞けて大満足でございました。もう、どれもこれも「きゃー、生で聞けた~」と感動すらしましたもの。


転換VTR「太鼓ショー」 この面白さは文章では伝わんないだろうな~。角刈りのカツラ被ったふんどし姿の洋ちゃんが、荒々しく太鼓を叩くというね。ただひたすら叩くだけっていうね。しかも、エアー太鼓ね(笑)。それ見てゲラゲラ笑ってる藤村Dとビデオを回すうれしー。まんま、どうでしょうテイスト。ちなみに、このVTRそれぞれ7~8分あります。尺、長っ。しっかし、面白い。


2部の落語。今度はちゃんとセットも衣装もチェンジあり。着物で登場。小さいころから落語が大好きで、クルマの中でも落語のテープばかり聞いていて、「笑点」を見ていたという洋ちゃん。小3のころ意味もわからず暗記していた落語を披露してくれましたが、これが上手いの。あのトーク力は、子どものころから親しんだ落語にあるのは間違いないです。「最後の家族旅行」という題目でオリジナルの落語もやったんですが、大泉家総出(おじいちゃん、おばあちゃん、パパ、ママ(笑)、お兄さん)の家族旅行の光景が目に浮かぶんですよね。笑いの中にもちょっとほろっとくる、そんなお話しでした。いや~、本当に芸達者。



・・・

残すは、VTR「殺陣ショー」と3部の「歌謡ショー」なんですが。。。思いのほか長くなってしまったので、のちほど。しかし、面白さが伝わらんな~(苦笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://reitoeight.exblog.jp/tb/13991178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆう at 2011-11-13 19:17 x
こんばんは。

「今頑張ってるのは僕なんですよ」最高、流石ですね。
生みっちゃん&糸ようじ、羨ましい~!
Commented by rei8s-cool8b at 2011-11-14 00:22
★ゆうさん
こんばんは~。
冷静に考えればやってることはバカバカしいことばかり
なんだけど、改めて洋ちゃんの才能に惚れ惚れしましたよ。
今回の5Dは、写真集の特典のダイジェストDVDだけみたい
ですけど、全編DVDになったら絶対買うのにな~。

生みっちゃん&糸ようじ・・・これはね~、感動しました。
どうでしょうファンには涙もの。
by rei8s-cool8b | 2011-11-12 15:37 | NACS | Trackback | Comments(2)

うっかり関ジャニ∞にはまってしまった40代のミーハー記録♪ ただいま丸山隆平溺愛中


by rei8s-cool8b